きたながの総合整骨院
contact

治療科目

スポーツトレーナー科

10代スポーツ選手が年間8,000人来院する
スポーツトレーナー院

image2

私が学生の頃、大会の1週間前に膝の靭帯を損傷してしまい、当時の整形外科の先生には「大会に出るなんて無理に決まってるだろ」と怒られてしまいました。
大切な大会前にケガをしてしまいチームメイトにも悪く「最悪だ」と思っていましたがその後、他の整骨院の先生のお世話になり、私は1週間後のその大会に出場しホームランまで打っているのです。
その影響もあり医療に携わるようになり、1人でも多くの運動選手がより活躍できる身体作りをサポートし、より活躍の舞台を広げて欲しいと願っております。

当院がスポーツ選手から選ばれる7つの理由

スポーツトレーナーメソッド治療 ”マッサージ治療+はり治療+筋膜矯正”

①スポーツトレーナーシステム治療で痛みを早くとる(学生限定)

image3

”マッサージ治療+はり治療+筋膜矯正”
3つの治療が1度に受けられるから治りが早い。

②スポーツマッサージで筋肉を緩めケガを予防する

image4

運動している選手こそ筋肉はガチガチに硬くこわばります。
特に肩甲骨周囲筋がこわばると肩、肘の、股関節周囲筋がこわばると膝、足関節の損傷リスクが7倍に増えるので筋のこわばりをできるだけ取ることこそが大きなケガにつながらない方法です。

③トレーナー経験者のプロが身体をケアするので安心です。

image5

日々の練習や試合で疲れてしまい中々自分だけではケアするのは難しいもの。
又、ストレッチでは伸ばせない爆発的筋肉や、そもそもストレッチのやり方が正しいのかどうかも分からない選手が多い!
このような選手は是非相談して下さい。

④成長期の投球障害には科学的検査を!
 超音波検査で成長線を確認するから安心・確実です。

image6

子供の投球時の肘痛、肩痛は要注意です。まだ骨が不完全についています。これを骨端線と言います。これから成長し1つの骨になります。骨端線がある状態で無理な投球を続けてしまうと生涯にわたり、肘がキレイに曲がらなくなったり、肩が上がらなくなったり、投球すらできない状態に陥ってしまいます。選手1人1人成長度合いは違うので当院では超音波検査で骨の状態を見て投球数をアドバイスします。

⑤スポーツ鍼治療で深層筋の痛みをとる!

image7

筋肉は使えば使うほど硬く細くこわばります。スポーツの世界では繰り返し行われる基本動作により、ある一定の筋だけが硬くこわばり、シンスプリントや野球肘といった障害が出ます。こういった症状にスポーツ鍼を用いる事により痛みの改善を早く行えます。

⑥疲労を明日に残さないから上手くなる

image8

人間の身体は全て筋膜でつながっています。そこだけを使って運動しているということはありません。当院では全身をしっかりケアするので治りが早く疲労が抜けやすいためケガの予防にもつながるのです。
日々のケアが大切だと認識している選手は上達も早いのです。

⑦フォーム・ウェイトトレーニング
 ストレッチ・栄養学に関する指導します。

image9

当院では、痛みの原因となってる悪い習慣によっておこっているフォームの指導や、強くなるための筋肉トレーニング、ストレッチ又は身体作りの基礎となるスポーツ栄養学の知識で、より強いパフォーマンスを選手が出せるよう指導もできますのでお気軽におたずね下さい。