きたながの総合整骨院
contact

治療科目

整骨科

近年の競技復帰を最短にする。
スキー場救急外傷処置班が使う特殊技術

image1

捻挫を起こした関節は関節の捻れと共に関節を構成している靭帯、腱が部分断裂していたり靭帯がゆるんでいる状態にあります。当院ではそのズレた関節や関節を包む靭帯腱を正常な位置に整えるという特殊技術によって関節の安定性を高めたうえで固定をします。

image2

もしこのような処置をとらないと部分断裂した靭帯や筋肉より、漿液や出血が関節内に入り込み関節が固まり競技復帰までの時間が、よりかかってしまうリスクがあります。
当院ではこれまでも数多くのスポーツ選手の要望を短期復帰というかたちで実現してきました。もしこのような処置をしなかったり、なかなか痛みがとれない腫れが引かない等といった症状のある方は早めにご来院下さいませ。

緊急時のケガでお困りの方
『骨折・脱臼』土・日・祝も診療します

小さいお子様にも安心。超音波画像診断装置にて診察

image3

放射線の影響がない小さいお子様にも安全に使用できる超音波画像診断にて診察します。
又、成長期の投球障害は必ずエコー検査を実施します。
科学的検査を受けずにムリな投球を重ねてしまうと生涯にわたり投球障害を残してしまう可能性がございます。

スキー場緊急外傷処置班の整復技術で骨のズレ・機能障害を残さない

image4

当院のスタッフはスキー場にて緊急外傷班として勤務し毎日複雑に折れた骨や脱臼等の重傷患者様の処置を行ってきました。骨折は、折れた骨がズレているとズレたままくっついてしまうという特性があります。そのことにより、変形や機能障害といったリスクを伴います。当院では骨のズレを最小限にする整復技術を施し固定致します。
安心してご来院下さいませ。※手術が必要な方には提携病院への紹介をしています。