きたながの総合整骨院
contact

スタッフブログ

桜の季節ですね。

こんにちは、今週はみずきが更新させて頂きます。

いよいよ桜が開花し出しましたね。この季節になると、お花見・飲み会・入学・就職など様々なイベントがありますね。そこで思わず食べ過ぎたり飲み過ぎてしまうと内臓の具合が悪くなってしまう方もいらっしゃると思います。そのような症状になる原因は色々ありますが、その中でもかなり重要な役割のある〈酵素〉ついて述べさせてもらいます。

最近当院でもサンプルを配らせてもらっている酵素ですが、そもそも酵素って何?という疑問から簡単に話せてもらいます。酵素って聞くと消化酵素と聞き覚えがあると思いますが体の中にある酵素は他にもありますし、消化だけではなく他にも役割があります。筋肉を動かしたり、体外から得た栄養をエネルギーにする働きなど大きく言うと生命維持に重要な働きがあります。

 酵素が少なければビタミンやミネラルなどをいくらサプリメントなどで摂取しても体に必要なエネルギーに変換されず尿中に出されてしまいます。その他にも酵素が少ないと体に食べ物が入っても異物として処理されてしまうため赤血球と上手く結合できずに血管の中でドロドロになってしまい血液の質が悪くなってしまいます。胃の中でも同じです上手く消化されずに残った食べ物が胃の中で腐っていき、それが色々な病気に繋がっていきます。そもそも酵素自体加齢や病気、飲み過ぎ食べ過ぎなどで減っていくので意識して摂取するべきものだと思います。

 酵素の中にもたんぱく質に作用するがでんぷんには作用しないものもあり色々な酵素を摂取することが大切になります。基本的には生ものに含まれていますが酵素は50度以上に調理されたものでは酵素がたんぱく質に変化していきますが、例外があり発酵食品(みそ、ぬかなど)では熱を加えても酵素が出現しています。当院にある玄米酵素は植物酵素の分類に入り酵素の中でも玄米は変換率もいい酵素の分類に入ります。

 酵素は体の中で消化酵素と代謝酵素にわかれ、消化酵素は食べ物の分解を行い代謝酵素は免疫、毒素の分解などを行う働きがあります。

 長くなりましたが食べ物の話を少しさせて頂きました。まだまだ酵素の重要性は沢山あります。また詳しく聞きたい方がいらっしゃいましたら声をかけて下さい。私だけではなく当院には健康マニアのスタッフが沢山います。(特に丸山先生)ぜひ色々聞いてみて下さい。

 次回は新人の山田先生が更新します。