きたながの総合整骨院
contact

スタッフブログ

筋トレの大切さ

日付2017年04月11日 カテゴリー豆知識

こんにちは!今回のブログは湯本が担当します。

最近、我が院ではジムに行ったりして体を鍛えている先生が増えています。

ということで今回は筋トレの大切さについて書いていこうと思います。

筋トレを続けていると20歳以降になっても、筋肉はいくらでも増やしていくことが出来ます。でも、筋トレの様な筋肉を鍛えるトレーニングを行わない限り、筋肉は年とともに減ってしまいます。

衰え方には個人差もありますが、30歳から50歳までは年0.5~0.7%の割合で筋肉は減るといわれています。50歳からは80歳までは年1.0~2.0%の割合で減り続けます。

筋肉の減少は太る原因にもなります。

筋肉はアイドリングしているエンジンのようなものなので、運動していないときでも、アイドリングしているエンジンがガソリンを消費しているように、体内のエネルギーを消費し、体温を保つために熱をつくる仕事をしています。

じっとしていても消費している最低限のカロリーを基礎代謝といいます。基礎代謝は1日に消費しているカロリーの60%ほどに達するといわれています。筋肉は基礎代謝の20~30%を占めますから、加齢で筋肉が減ると消費カロリーがダウンします。

太るかやせるかを決めているのは、食事からの摂取カロリーと、運動などによる消費カロリーのバランスです。

摂取カロリーが消費を上回るとエネルギー収支が黒字になり、黒字分は体脂肪に変えられてしまいます。摂取カロリーが変わらないとしても、筋肉が減って消費カロリーがダウンすると、エネルギー収支が黒字になって太ってしまうのです。

みなさんもこれを機会に筋トレや運動をはじめてみてはどうでしょうか。

次回はみずき先生が更新します!

imagesc5mpemqt